コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対パス ぜったいぱす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

絶対パス

パスを使用して目的ファイルを参照するときに、ルートディレクトリから目的のディレクトリまで順々に記述したパスのこと。フルパスとも呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ホームページ制作用語集の解説

絶対パス

すべての構成要素を含む完全一意のURLアドレスのこと。例:(http://www.aaaaa.co.jp/index.html)起点となる現在位置から、目的のファイルやフォルダまでの道筋を記述する方式を「相対パス」という。ファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つで、装置内の最上位階層から目的のファイルやフォルダまでのすべての道筋を記述する方式。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ぜったいパス【絶対パス】

コンピューターの記憶装置内に階層状に格納されたファイルやフォルダーの所在を表す記述方法のひとつ。最上位の階層から目的とするファイルやフォルダーのある階層までの道筋をすべて記述して所在を指定するもの。⇔相対パス ◇「フルパス」ともいう。記憶装置内のファイルやフォルダーは、ひとつのフォルダーの中にファイルやフォルダーがまとめられ、まとめられた各フォルダーの中にもファイルやフォルダーがまとめられ…といったように、階層が深くなるほど枝分かれする入れ子状の階層構造をなしている。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

絶対パスの関連キーワード参照型ファイル

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android