絶対パス(読み)ぜったいぱす

ホームページ制作用語集の解説

絶対パス

すべての構成要素を含む完全一意のURLアドレスのこと。例:(http://www.aaaaa.co.jp/index.html)起点となる現在位置から、目的のファイルやフォルダまでの道筋を記述する方式を「相対パス」という。ファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つで、装置内の最上位階層から目的のファイルやフォルダまでのすべての道筋を記述する方式。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ぜったいパス【絶対パス】

コンピューターの記憶装置内に階層状に格納されたファイルやフォルダーの所在を表す記述方法のひとつ。最上位の階層から目的とするファイルやフォルダーのある階層までの道筋をすべて記述して所在を指定するもの。⇔相対パス ◇「フルパス」ともいう。記憶装置内のファイルやフォルダーは、ひとつのフォルダーの中にファイルやフォルダーがまとめられ、まとめられた各フォルダーの中にもファイルやフォルダーがまとめられ…といったように、階層が深くなるほど枝分かれする入れ子状の階層構造をなしている。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android