コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続(き)狂言 ツヅキキョウゲン

百科事典マイペディアの解説

続狂言【つづききょうげん】

放狂言

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つづききょうげん【続狂言】

歌舞伎用語。放(はなれ)狂言(一幕物)に対する用語で,多幕物の狂言のこと。ただし歌舞伎において場面と場面を幕の閉開で区切るようになるのは元禄期(1688‐1704)からで,続狂言が上演されることと,幕の発生とはむすびつかない。初期には,間(あいの)狂言や口上などで場面を区切っていたものと考えられる。上方における最初の続狂言は,1664年(寛文4)大坂荒木与次兵衛座の福井弥五左衛門作《非人敵討》,江戸においては,同じく64年市村座の都伝内作《今川忍び車》ということになっているが,両者とも明確な根拠がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

続(き)狂言の関連キーワード相撲も立つ方呉れさします中中でもないあいだてない揺りに上ぐとむないりんりん笑止がるほつほつほいほいくつくつ門を塞ぐ狂言記責める何でもふわと潮の目千六本占い算持ち扇

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android