コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網襦袢 あみじゅばん

百科事典マイペディアの解説

網襦袢【あみじゅばん】

(1)江戸時代,汗とりのため用いた襦袢。観世縒(かんぜより)を亀甲(きっこう)形に編んだ袖(そで)無し。現在は綿糸,麻糸などで網目状に編んだ網シャツを汗とりに着用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

網襦袢の関連キーワード歌舞伎衣装鎖帷子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android