コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網襦袢 あみじゅばん

百科事典マイペディアの解説

網襦袢【あみじゅばん】

(1)江戸時代,汗とりのため用いた襦袢。観世縒(かんぜより)を亀甲(きっこう)形に編んだ袖(そで)無し。現在は綿糸,麻糸などで網目状に編んだ網シャツを汗とりに着用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

網襦袢の関連キーワード歌舞伎衣装鎖帷子

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android