コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾綺殿 リョウキデン

3件 の用語解説(綾綺殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょうき‐でん【綾綺殿】

平安京内裏十七殿の一。仁寿殿(じじゅうでん)の東、宜陽殿の北にあり、内宴が行われた。
皇居内、宮中三殿の後方にある殿舎。天皇が三殿の神事を行うに当たり、斎戒・更衣をする所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りょうきでん【綾綺殿】

平安京内裏殿舎の一。仁寿殿の東、温明殿の西にあり、天皇の入浴、斎服の着用などに使用された。 → 内裏
皇居内、賢所かしこどころの後方にある殿舎。召し替えのための殿舎。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綾綺殿
りょうきでん

平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。仁寿(じじゅう)殿の東、温明(うんめい)殿の西にある。檜皮葺(ひわだぶ)きで、南北九間、東西二間の母屋(もや)の四面に庇(ひさし)がある西向きの建物。天皇・院の一時的な居所となることがあった。正月の内宴(ないえん)のときには仁寿殿との間の西庭に舞台が設けられ、綾綺殿は、妓女(ぎじょ)の座となった。また温明殿との間の庭では、内待所御神楽(ないしどころみかぐら)が行われた。現在の皇居では宮中三殿の後方にあり、天皇の三殿参拝の際の更衣(こうい)などに使われている。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綾綺殿の関連キーワード仁寿殿清涼殿麗景殿安福殿右掖門後涼殿十七殿承香殿宣耀殿登花殿

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone