緑十字(読み)みどりじゅうじ(英語表記)green cross

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「緑十字」の解説

緑十字
みどりじゅうじ
green cross

安全運動のシンボルマーク。 1919年日本で初めて安全週間が開催されたとき,白地に緑十字を表わしたものが安全のシンボルとして採用され,27年には内務省によって,国の安全運動のシンボルマークとして認められた。 53年には労働省の公募によって,緑地に白十字が労働衛生のシンボルマークとして採用された。なお,全米安全会議 NSCでは,従来の青地に白十字であったシンボルマークを,白地に緑リングで緑十字を囲んだものとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「緑十字」の解説

りょく‐じゅうじ〔‐ジフジ〕【緑十字】

緑色で十字を描いたしるし。国土緑化運動のシンボルマーク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「緑十字」の解説

りょく‐じゅうじ ‥ジフジ【緑十字】

〘名〙 緑色で十字を描いたしるし。作業現場での安全衛生のシンボルマーク。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android