練士・錬士(読み)れんし

精選版 日本国語大辞典「練士・錬士」の解説

れん‐し【練士・錬士】

〘名〙
① 柔剣道で、師範となる
② (錬士) 全日本剣道連盟が授与している称号の一つ。段位が五段に達したのうち人格技量にすぐれ、剣道の指導普及発展に貢献した者に授与する称号。範士教士につぐもの。五段授与後三年以上修業し、満二四歳以上の人と定められている。昭和二一年(一九四六)までは大日本武徳会が授与していた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android