コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡床/胡坐 アグラ

5件 の用語解説(胡床/胡坐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あ‐ぐら【胡床/胡坐】

(胡坐)両ひざを左右に開き、両足を組んで座ること。こざ。「―を組む」
貴族の着座する、床の高い台。あごら。
材木を組んで高い所へ上れるようにつくった足場。
「―を結ひあげて」〈竹取
一種の腰掛けで、脚を交差させて折り畳めるようにしたもの。
「―どもを召したり」〈・胡蝶〉

こ‐しょう〔‐シヤウ〕【×胡床/××牀】

中国北方の胡国から伝えられたという、一人用の腰掛け。戸外の行事の席や休息のために用いた。床几(しょうぎ)。あぐら。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こしょう【胡床 hú chuáng】

中国の折りたたみ式の携帯用座具。胡牀とも表記される。日本では〈あぐら〉と読まれる。日本の床几(しようぎ)と同じく上板に革縄などを張り,X状に脚を交差する。不用の際には,たたんで壁,柱などに掛けておかれた。胡床は,床の字に〈胡〉の字が冠せられているように,もともと中国固有の座具ではない。中国の古代における座法は,後の時代のごとく倚座ではなく,日本と同じく平座が普通であった。敷物などの上に危座(正座),箕踞(ききよ)(なげあし),蹲踞(そんきよ)(たてひざ),趺座(あぐらかき)したのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

あぐら【胡床】

古墳時代からあったと思われる腰掛け。中国から伝来し、当初は舶来の腰掛け一般をいったが、のちに折りたたみ式のものに限るようになった。平安時代以降は、貴人の神社参拝・儀式などに携帯用として戸外で使用。◇「こしょう」ともいう。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胡床
あぐら

腰を掛ける座具の一種。胡座、呉床とも書く。脚を左右に交差して組み、尻(しり)受けに革、布、縄や紐(ひも)などを張り、折り畳んで移動に便利なようにつくられた腰掛である。この名称は古く記紀にみえるが、『延喜式(えんぎしき)』には、朝廷の儀式に列席する武官が用い、上に虎(とら)皮を敷いたとあり、「緒料緋絲、基別八両、塗料漆、基別一合」ということから、脚を漆塗りとし、尻受けの緒が緋の縄や紐というつくりであったことがわかる。また、床几(しょうぎ)、合引(あいびき)ともいい、戦陣や狩り場の野外で武将が使用する腰掛をいうこともある。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の胡床/胡坐の言及

【いす(椅子)】より

…この成果をもとにして,よいいすを選定する条件をまとめると,(1)いすの座高と奥行きが自分の脚部の寸法に適合すること,(2)座面の体圧分布が坐骨結節に集中していること,(3)シートと背もたれの位置と傾斜角度が正しい姿勢の保持に適合していること,(4)いすのシートの弾性が適性であるか否かをチェックすることである。【鍵和田 務】
【中国】
 中国でも古くは地上に莚(むしろ)を敷いて座る生活であったが,後漢末期になって台床の上に座るようになり,また胡床(こしよう)とよぶ折りたたみ式交椅(こうい)が使われだした。しかし,当時の中国では腰掛けることははなはだしい不作法とされていたため,胡床は特異な風俗と見られていた。…

【曲彔】より

…脚が折りたたみ式の交椅(こうい),座が円形の円椅(えんい),方形の方椅(ほうい)などがある。交椅は胡床,摺畳椅(たたみあぐら)ともよばれる。鎌倉時代ころに中国(宋)から入ったが,中国では曲彔とはいわずに交椅とか椅子とよんでいる。…

【牀】より

…唐代末期以降は,倚座が普及するようになり,以来,一般に,牀はベッド,榻は周囲に囲いのついた高い平座用の台状家具をそれぞれ指していう。一方,漢代の文献に見える〈胡床(牀)〉は,これらとは異なるもので,その名のごとく当時西北地方より伝来した,本来は軍隊の携帯用折り畳み椅子で,後世の交椅,日本でいう床几(しようぎ)に相当する。漢代の画像,宋代以前の絵画に描かれた室内家具や現存する明・清時代の家具遺品を見ると,一般的な平台式ベッドの牀のほか,上部に蓋(おお)いのつく架子牀,榻と同様の周囲に囲いのある羅漢牀,下部を炕(カン)(オンドル)にした炕牀など,さまざまな類型がある。…

【床几】より

…座にひもや皮,布などを張り,脚はX形に組み,持ち運ぶのに便利に作られている。古代から中世にかけては胡床(牀)(こしよう)と呼ばれていた。胡床はすでに古墳時代後期の埴輪にみられ,戦陣や狩場,また宮廷の儀式や貴族の外出用に用いられた。…

※「胡床/胡坐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone