コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繰綿問屋 くりわたどいや

世界大百科事典 第2版の解説

くりわたどいや【繰綿問屋】

江戸時代に全国的な商品として流通した繰綿(実綿から種子を除いた未精製の綿で,木綿織物や布団綿の原料)を扱った問屋商人。繰綿の主要産地が畿内であったため,大坂には早くから綿商人が発生していた。寛永年間(1624‐44)に京橋一丁目で綿の市場が開かれ,畿内や近江産の実綿・繰綿の取引が行われたが,綿売買に関係する商人が問屋・仲買・小売に分化するようになり,正保年間(1644‐48)に綿市問屋仲間が成立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

繰綿問屋の関連キーワード内外綿会社鹿島万平

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android