纒向遺跡(読み)まきむくいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

纒向遺跡
まきむくいせき

奈良県桜井市辻・太田・東田,巻向山に発する巻向川が形成した扇状地一帯に占地する弥生時代後期から古墳時代前期の古墳群を含めた大集落遺跡。川に区切られた自然堤防上ごとに単位となる集落が営まれた。 1971年以来,橿原考古学研究所および桜井市教育委員会による数次にわたる調査が実施され,祭祀にかかわる巨大な土坑群,それに伴う仮設建築物,矢板列の護岸工事・集水施設を伴う幅 5mの大溝2条等が検出されている。出土した多量の土器は弥生後期~古墳前期の編年指標となっただけでなく,異常に高い比率で他地域から搬入された土器を含んでおり,東海や九州に及ぶ広範な地域間交流をうかがわせ,当地の首都的な機能が想定されている。当遺跡の消長は,石塚をはじめとする纒向古墳群箸墓古墳,渋谷向山 (伝景行陵) ,行灯山 (伝崇神陵) などの付近の巨大古墳の動向と軌を一にし,それ以後急速に衰退している。大和政権の成立基盤を考える上で最も重要な遺跡である。なお,96年 12月,纒向石塚古墳の発掘調査をしていた桜井市教育委員会は,出土した土器の年代から,石塚古墳は3世紀前半に築造されたものと発表し,邪馬台国との関連で注目を集めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

纒向遺跡

奈良盆地東南部の東西約2キロ、南北約1・5キロの弥生末期~古墳前期の大規模遺跡。卑弥呼の墓との説がある箸墓(はしはか)古墳など最古級の前方後円墳点在。自然集落ではなく、人工的に造られた「日本初の都市」と言われる。

(2014-02-07 朝日新聞 朝刊 1総合)

纒向遺跡

奈良盆地東南部の三輪山西側に広がる東西約2キロ、南北約1・5キロの弥生時代末期~古墳時代前期の遺跡。卑弥呼の墓との説がある箸墓(はしはか)古墳など最古級の前方後円墳が点在し、ほぼ東西に方位をそろえて並ぶ神殿のような建物跡も出土。関東から九州まで各地の土器が出土し、運河縦横に走るなど都市機能を備えていたとされる。

(2018-05-14 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

纒向遺跡の関連情報