箸墓古墳(読み)ハシハカコフン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

箸墓古墳

奈良県桜井市の全長約280メートルの前方後円墳。宮内庁が第7代孝霊天皇の皇女のとして管理している。200メートルを超える巨大古墳の中で最も古く、全国の前方後円墳のモデルになったと考えられている。3世紀後半~末の古墳とされていたが、近年、様々な年代測定法で土器の年代が見直され、卑弥呼没年と重なる3世紀中ごろに築かれた古墳とみる研究者も増えている。

(2013-02-19 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

箸墓古墳【はしはかこふん】

奈良県桜井市にある3世紀後半の前方後円墳。全長約280m。前方部の平面形が撥(ばち)形に開く形状をもつことや,後円部の墳頂部から出土している円筒埴輪・特殊埴輪の型式から初現期の前方後円墳と考えられている。《日本書紀》には倭迹々百襲姫命(やまとととももそひめのみこと)の墓として箸墓築造の記述がある。陵墓として宮内庁管理下にあり,学術調査は行われていない。
→関連項目纏向遺跡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はしはかこふん【箸墓古墳】

奈良県桜井市箸中にある前方後円墳。全長275メートル、高さ16メートル。厚く葺き石におおわれている。四世紀前半から中頃の築造か。倭迹々日百襲姫命やまととひももそひめのみことの墓に比定されている。特殊器台形埴輪片・土師器壺が出土。箸の墓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

はしはかこふん【箸墓古墳】


奈良県桜井市箸中にある古墳。箸中山古墳ともいう。纏向(まきむく)遺跡にある箸中古墳群の盟主的な存在で、3世紀半ばすぎに築造されたと考えられる前方後円墳。現在は宮内庁により、孝霊(こうれい)天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫命大市墓(やまとととひももそひめのみことのおおいちのはか)として管理されている。墳丘長約278m、後円部径約150m、高さ約30m、前方部幅約130m、高さ約16mで、前方部が途中から撥(ばち)形に大きく開いた最古級の墳形をしている。後円部は4段築成で、その上に小円丘が載っていると考えられ、こうした5段築成は箸墓古墳だけのものである。裾には幅10mの周濠があり、さらに外側に幅15m以上の外堤がめぐっていたことが確認されている。特殊器台や布留(ふる)式土器の出土から、古墳時代前期初頭の築造は間違いがなく、248年ごろに死亡したとされる卑弥呼(ひみこ)の墓ではないかという推測も出されている。JR桜井線巻向駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はしはか‐こふん【箸墓古墳】

奈良県桜井市にある前方後円墳。全長二七三メートル。散乱土器や墳型の特異さから、古墳時代開幕の三世紀後半の築造とされ、倭日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓に治定されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箸墓古墳の関連情報