コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美豆牧 みずのまき

2件 の用語解説(美豆牧の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

美豆牧【みずのまき】

山城国久世(くせ)郡,現京都府久御山(くみやま)町北西部から京都市伏見区の南西部を占めたと思われる古代皇室の牧場。〈美豆野〉は9世紀後半には〈禁猟地〉とされており,ここに牧が設けられたのであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みずのまき【美豆牧】

山城国久世郡(現,京都府久世郡久御山町)の牧。美豆野は禁猟区で,すでに天長年中(824‐834)より勅によって樵夫・牧竪(牧童)以外の出入りが差し止められていた。ここに設けられた牧は平安時代左右馬寮の管轄下にあり,播磨国家嶋牧とともに近都六牧の機能を補完した。美豆牧には厩畠11町と野地すなわち牧50余町があり,馬寮付属の厩舎において飼養する馬で夏月に肥えないものをえらんで放し飼いにし,また寮所属の諸祭料の馬も放飼した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

美豆牧の関連キーワード久世通音久世通式久世栄通コタ巨椋の池久世三四郎久世喜弘京写KTC日本医学臨床検査研究所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone