コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エン

デジタル大辞泉の解説

えん【羨】[漢字項目]

せん

せん【羨】[漢字項目]

常用漢字] [音]セン(漢) エン(呉)(漢) [訓]うらやむ うらやましい
〈セン〉うらやむ。うらやましがる。「羨望欽羨(きんせん)
〈エン〉墓の地下道。「羨道(えんどう)
[名のり]のぶ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せん【羨】

うらやましく思うこと。 「 -と妬とも交つてゐるのである/魚玄機 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

羨の関連キーワード吉見百穴(よしみひゃくあな)千金甲古墳〈甲号〉羨道(せんどう)石貫ナギノ横穴群須曽蝦夷穴古墳江田穴観音古墳文帝[南朝宋]老いらく・老楽弁慶ヶ穴古墳引田部赤猪子津軽采女正安岳3号墳髻華の玉蔭大山のぶ代大村横穴群日の岡古墳横田下古墳辛気痩せ吉見百穴井寺古墳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羨の関連情報