コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下道 チカドウ

3件 の用語解説(地下道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちか‐どう〔‐ダウ〕【地下道】

建物と建物、道路と道路を結ぶために地下に設けられた、歩行用の道。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちかどう【地下道】

地下に設けた道路・通路。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地下道
ちかどう

俗語であって明確な定義はない。おもに都市の平地部の地下に設けた小規模トンネルで、一般に人の通行に用いるものをいうが、最近では地下街の発達によって、地下街の通路をも含めていう場合がある。地下道のおもな目的は、〔1〕交通量の多い道路、鉄道を人が横断する場合に人々の安全を守るとともに交通流を妨げないようにする、〔2〕都市部のビル街でビル相互間の人の通行の便利を図る、〔3〕駅のプラットホームと駅の出入口とを連絡する(とくに地下鉄の場合にはかならず地下道が用いられる)、などである。地下道は歩道橋に比べ一般に風雨などの影響がなく、市街地の景観を損なわないなどの利点がある反面、建設費が高く、排水、照明、清掃などの維持管理費が必要となるので、都心部や主要駅や地下鉄などの連絡路に主として用いられる。[吉川和広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地下道の関連キーワード中庭アクセス道路道路橋ランプウエー渡り廊下坪庭位置指定道路計画道路不適合接道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地下道の関連情報