コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下道 チカドウ

デジタル大辞泉の解説

ちか‐どう〔‐ダウ〕【地下道】

建物と建物、道路と道路を結ぶために地下に設けられた、歩行用の道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちかどう【地下道】

地下に設けた道路・通路。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地下道
ちかどう

俗語であって明確な定義はない。おもに都市の平地部の地下に設けた小規模のトンネルで、一般に人の通行に用いるものをいうが、最近では地下街の発達によって、地下街の通路をも含めていう場合がある。地下道のおもな目的は、〔1〕交通量の多い道路、鉄道を人が横断する場合に人々の安全を守るとともに交通流を妨げないようにする、〔2〕都市部のビル街でビル相互間の人の通行の便利を図る、〔3〕駅のプラットホームと駅の出入口とを連絡する(とくに地下鉄の場合にはかならず地下道が用いられる)、などである。地下道は歩道橋に比べ一般に風雨などの影響がなく、市街地の景観を損なわないなどの利点がある反面、建設費が高く、排水、照明、清掃などの維持管理費が必要となるので、都心部や主要駅や地下鉄などの連絡路に主として用いられる。[吉川和広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

地下道の関連キーワード出・吹・垂・帥・悴・推・水・炊・睡・穂・穗・粋・粹・翠・衰・遂・酔・醉・錐・錘・陲・隧プエルト硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい)ベリー(Pierre Véry)サンタンジェロ城[ローマ]JR新発田駅の橋上化事業ケネディ大統領暗殺事件パラナ(アルゼンチン)立体交差・立体交叉ビル風(ビルかぜ)聖ペトカ地下教会カイザーテルメンスーパーブロックタフティバーヒーモノシュトル要塞ナミュールの城塞国際照明委員会キェシロフスキ大阪駅前地下道頸城トンネル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地下道の関連情報