コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義人同盟 ぎじんどうめいBund der Gerechten

世界大百科事典 第2版の解説

ぎじんどうめい【義人同盟 Bund der Gerechten】

1830年代の半ば,パリ在住ドイツ人政治亡命者,渡り職人を中心として〈ドイツの再生と解放〉を目的につくられた秘密結社追放者同盟Bund der Geächteten〉を母体とし,同結社が左右に分裂した際左派が結集してつくった組織。当初パリを拠点として,フランス社会主義・共産主義各派の影響のもとに出発し,綱領文書《人類,その現状と理想像》(1838年W.ワイトリング執筆)によって財産共有制を旨とするいわゆる〈手工業者共産主義〉を基本的立場にすえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

義人同盟

1830年代半ばにフランス、パリ在住のドイツ人により組織された秘密結社。日本語では「正義者同盟」ともいう。ドイツからの政治亡命者や渡り職人を中心に組織された前身の「追放者同盟」から、共産主義的思想を持つグループ分派したもの。シャッパーワイトリングらが指導者となった。のちに国際組織共産主義者同盟」となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

義人同盟の関連キーワードエンゲルス共産党宣言フェネダイ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android