老壮会(読み)ろうそうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1918年 10月に創立されたナショナリスト団体。日本の右翼運動が旧式な国粋運動から近代的ファシズム運動へ転換する第一歩となった。年齢の老壮,翼の左右を問わない各派の足溜り的な社会研究団体で,左翼派から,堺利彦高畠素之下中弥三郎高尾平兵衛ら,右翼派からは,北一輝大川周明権藤成卿らが参加した。老壮会自体としては月1回の集会,講演会を開く程度で,あまり大きな動きはなかったが,その後多くの革新派ナショナリスト団体を生み出した点に特徴がある。 21年に自然解消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1918年,満川亀太郎世話人となって設立した研究会。日本主義者の満川が,ロシア革命や米騒動などを契機とするデモクラシー思想の広がりや社会不安の増大に刺激され,現状打開の方向をさぐろうと設立したもの。会としての一定の主義・方針はなく,内外の諸問題について意見を交換し研究することを目的としていた。満川や大川周明をはじめとする後年の国家主義運動の指導者ばかりでなく,堺利彦,高尾平兵衛などの社会主義者,高畠素之などの国家社会主義者や,大井憲太郎嶋中雄三,下中弥三郎,権藤成卿,中野正剛など多彩な人々が参加したことに特色があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android