コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老壮会 ろうそうかい

2件 の用語解説(老壮会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老壮会
ろうそうかい

1918年 10月に創立されたナショナリスト団体。日本の右翼運動が旧式な国粋運動から近代的ファシズム運動へ転換する第一歩となった。年齢の老壮,翼の左右を問わない各派の足溜り的な社会研究団体で,左翼派から,堺利彦高畠素之下中弥三郎高尾平兵衛ら,右翼派からは,北一輝大川周明権藤成卿らが参加した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ろうそうかい【老壮会】

1918年,満川亀太郎世話人となって設立した研究会。日本主義者の満川が,ロシア革命や米騒動などを契機とするデモクラシー思想の広がり社会不安の増大に刺激され,現状打開の方向をさぐろうと設立したもの。会としての一定の主義・方針はなく,内外の諸問題について意見を交換し研究することを目的としていた。満川や大川周明をはじめとする後年の国家主義運動の指導者ばかりでなく,堺利彦,高尾平兵衛などの社会主義者,高畠素之などの国家社会主義者や,大井憲太郎嶋中雄三下中弥三郎権藤成卿中野正剛など多彩な人々が参加したことに特色があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

老壮会の関連キーワード猶存社世話人世話をかく世話焼成年者世話法池田亀太郎(2)大友亀太郎小中陽太郎満川亀太郎小原亀太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老壮会の関連情報