コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猶存社 ゆうぞんしゃ

6件 の用語解説(猶存社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猶存社
ゆうぞんしゃ

1919年老壮会を母体として生れた「革新」派右翼の団体。北一輝が創立者で,大川周明満川亀太郎安岡正篤らがいた。北の『日本改造法案大綱』を行動要領として革命的大帝国の建設運動,国民精神の創造的革命,アジア民族の解放など8大綱領を決め,20年に機関紙『雄叫 (おたけび) 』を発刊した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうぞん‐しゃ〔イウゾン‐〕【猶存社】

大正8年(1919)大川周明・満川亀太郎・北一輝らが結成した右翼団体。日本帝国の改造とアジア民族の解放を掲げたが、北と大川の対立から同12年に解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

猶存社【ゆうぞんしゃ】

1919年大川周明・満川亀太郎らが設立した国家主義団体。日本の国家改造とアジア民族解放を標榜(ひょうぼう)。機関紙《雄叫》を発行,北一輝の《日本改造法案大綱》を刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうぞんしゃ【猶存社】

1919年(大正8)に設立された,〈国家改造〉を目的とした最初の国家主義団体。社名は陶淵明の詩〈雖三径就荒松菊猶存〉にちなんだという。前年来の老壮会の活動にあきたらなくなっていた満川亀太郎が,より実践的な活動をめざして設立を首唱した。1919年理論的指導者とするため北一輝を呼びよせるよう満川に依頼されて上海に赴いた大川周明が北の《国家改造案原理大綱》(のち《日本改造法案大綱》と改題)をもち帰ると,ただちにそれを刊行したのを皮切りに,翌年北の帰国後,機関誌《雄叫》の発行,〈革命日本の建設,日本国民の合理的組織,民族解放運動,道義的対外策の遂行〉など7綱領の制定など,組織としての内実を整えていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうぞんしゃ【猶存社】

1919年(大正8)満川亀太郎、大川周明、北一輝らによって結成された国家主義団体。革命日本の建設やアジア民族の解放などを掲げたが、北と大川の対立により23年解散。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猶存社
ゆうぞんしゃ

1919年(大正8)8月、国家改造を目的として創立された最初の国家社会主義系右翼団体。満川亀太郎(みつかわかめたろう)が大川周明(しゅうめい)と相談して、現状打破の実践的組織をつくろうと考え、事務所として借りた家に陶淵明(とうえんめい)の詩からとった「猶存社」という表札を掲げ、北一輝(きたいっき)を指導者にしようと大川が上海(シャンハイ)まで迎えに行った。20年1月1日、北が帰国するが、この3人のほか同人に岩田富美夫(ふみお)、清水行之助(しみずぎょうのすけ)、綾川武治(あやかわたけはる)、笠木良明(かさきよしあき)、安岡正篤(まさひろ)、鹿子木員信(かのこぎかずのぶ)などがいた。北一輝の『国家改造案原理大綱』を中心操典として配布に努め、「日本帝国の改造とアジア民族の解放」を中心スローガンとし、「革命日本の建設、日本国家の合理的組織、民族解放運動、道義的対外政策の遂行、改造運動の連絡」などの綱領を掲げた。9月、機関誌『雄叫(おたけび)』を発刊、「吾々(われわれ)日本民族は人類解放戦の旋風的渦心でなければならぬ」を冒頭とする宣言を発表、学生、軍人などに影響を与えたが、北と大川の間に対立が生じ、23年3月解散した。猶存社の流れをくむものに、大化会、行地社(こうちしゃ)、神武(じんむ)会などがあるが、戦後の右翼団体、猶存社は性格の違う団体である。[大野達三]
『斉藤三郎著『日本思想犯罪事件の綜合的研究』(『思想研究資料特輯』第53号・1939・司法省刑事局) ▽田中惣五郎著『増補版 北一輝』(1971・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の猶存社の言及

【右翼】より

…18年の米騒動を契機に,国内では各種の社会運動が高揚し,第1次世界大戦後には中国や朝鮮で反日民族独立運動がおこり,ベルサイユ・ワシントン体制のもとで日本が孤立化するという状況があらわれると,危機感を強めた右翼のなかから〈国家改造〉を主張する新しいファッショ的な思想と運動が台頭してきた。その指標となったのが,19年に書かれた北一輝の《国家改造案原理大綱》(1923年に《日本改造法案大綱》と改題して出版)と同年北,大川周明,満川亀太郎らによる猶存社の結成であった。これ以後多くのファッショ団体が結成され,天皇中心主義による〈国家改造〉(〈昭和維新〉の断行),農本主義と家族主義,反ソ反共,反民主主義,反自由主義,反財閥,ベルサイユ・ワシントン体制打破,大アジア主義による大陸進出などの主張をかかげて活発な運動を展開した。…

【行地社】より

…機関誌として月刊《日本》を発行。初め満川亀太郎,笠木良明,安岡正篤,西田税など猶存社の主要メンバーが集まったので,当時最も有力な国家主義団体とみられていた。しかし,25年の安田生命争議や宮内省怪文書事件をきっかけに国家主義者間の大川派と北一輝派との対立が表面化すると,社内でも内訌(ないこう)がおきた。…

※「猶存社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

猶存社の関連キーワード国際航空運送協会国際純正・応用化学連合OADA為替会社製品評価技術基盤機構(NITE)木下茂(1)栗田春生前田又兵衛内国通運会社ロールス・ロイス[会社]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

猶存社の関連情報