老水夫の歌(読み)ろうすいふのうた(英語表記)The Rime of the Ancient Mariner

日本大百科全書(ニッポニカ)「老水夫の歌」の解説

老水夫の歌
ろうすいふのうた
The Rime of the Ancient Mariner

イギリス詩人コールリッジの物語詩。1798年に刊行されたワーズワースとの共著『抒情民謡集』の巻頭を飾った。時は中世。眼光鋭い白髪の老人が婚礼客を引き留めて、身の上話を始めるという枠入り構造になっている。「私」が乗り込んだ船は(あらし)に吹かれて南氷洋に至り、アホウドリのおかげで氷海を脱出するが、「私」はいわれなく鳥を殺してしまう。その呪(のろ)いで太平洋の赤道直下で船は静止し、仲間たちが死んでゆくなかで、「私」はひとり苦しむが、海蛇を祝福したとたん風が吹き始め、故郷に帰り着く。以後、老水夫は放浪の身となって、己の罪と罰と許しの物語を人に語らずにはいられない。特異な宇宙感覚、人間の実存的危機意識、夢魔的な言語操作などのゆえに、ロマン派文学の傑作とされる。

[高橋康也]

『斎藤勇・大和資雄訳『コウルリジ詩選』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「老水夫の歌」の解説

老水夫の歌
ろうすいふのうた
The Rime of the Ancient Mariner

イギリスの詩人 S.T.コールリッジの物語詩。『抒情歌謡集』 (1798) の巻頭を飾る名作。乗組んだ船が嵐にあって南極へ流されたとき,老水夫はあほうどりを殺し,呪いを受ける。数々の超自然的出来事を体験し,ただひとり生還した彼は放浪の旅を続け,この物語を語る。古い民謡の単純な様式韻律を効果的に用いて,超自然的な世界を描き出したイギリス・ロマン主義の代表的作品の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「老水夫の歌」の解説

ろうすいふのうた〔ラウスイフのうた〕【老水夫の歌】

《原題The Rime of the Ancient Marinerコールリッジによる幻想的な物語詩。1798年、ワーズワースとの共著「叙情民謡集」に採録・出版された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android