コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

考工記 こうこうき Kao-gong ji

3件 の用語解説(考工記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

考工記
こうこうき
Kao-gong ji

中国の経書『周礼 (しゅらい) 』の一編で,中国最古の技術書。車,弓,矢その他の製作法について書いている。漢の武帝のとき,河間の献王が『周礼』を見出したが,冬官司空の部分が欠けていたので,『考工記』で補った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうこうき【考工記 Kǎo gōng jì】

中国古代の礼書《周礼(しゆらい)》の篇名。工芸のことを述べる。前漢時代,《周礼》が人々に知られるようになったとき,《周礼》を構成する天・地・春・夏・秋・冬の六官のうち,冬官の司空の篇がすでに欠けていた。そこで司空の役目に相当する内容を,前世の工芸に詳しい者の記録によって補ったのがこの篇だとされる。清の江永の《周礼疑義挙例》によれば,この篇のもととなった記録は,その内容や語彙から見て,東周時代(春秋戦国時代)の斉国の人がまとめたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

考工記
こうこうき

武器(戟(げき)・剣・弓・矢など)・車輿(しゃよ)・礼器・楽器・容器・宮器・城市などの構造・寸法規格・製作または建築の方法や、皮革加工・練糸・染色などの技法に関する中国の文献。編者不詳。『周礼(しゅらい)』中の一篇(ぺん)として伝存する。前漢時代、秦(しん)の始皇帝以来の禁書令が解かれ、河漢献王劉徳(りゅうとく)(在位前155~前130)に民間から『周官』(『周礼』の原名)5篇が献じられたが、すでに第6篇「冬官」が欠けており、王は『考工記』でこれを補ったと伝えられ、もとは『周礼』とは別の独立した書物であった。内容・用語の考証や近年の考古学的発掘研究によれば、春秋時代後期の斉(せい)の国の人が記録したと推定され、先秦時代の手工業技術に関する貴重な資料である。[宮島一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の考工記の言及

【技術史】より

…そこではエウパリノスEupalinos(前6世紀のギリシアの技術者)やアルキメデスや李冰(りひよう)や飛驒工(ひだのたくみ)などがあげられている。このような扱い方が支配的だった時代に,ウィトルウィウスの《建築十書》や大プリニウスの《博物誌》や中国の〈考工記〉が,メカニズムや材料を中心とした技術の扱いを示していることは注目に値する。 中世では伝統が重んじられていたので,新機軸よりも信頼性や洗練度が重視され,技術は芸術に近いものになった。…

※「考工記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

考工記の関連キーワード易田七経周礼三礼六礼量子ゆらぎつりばしゆらゆら佐藤武敏賈公彦《中国古代の祭礼と歌謡》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone