コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐候鋼 たいこうこう

2件 の用語解説(耐候鋼の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

耐候鋼【たいこうこう】

クロムを少量含有させて大気中での耐食性を高めた(はがね)。ニッケルチタンモリブデンニオブなどを微量添加して抗張力を向上させ,溶接性,加工性の向上を図ったものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいこうこう【耐候鋼】

大気中にさらされた鋼は表面にさび層を生ずるが,さび層の自己保護性は鋼材のおかれている環境,および鋼材の成分によって大きく変化する。耐候鋼は普通鋼に比較して大気腐食に対する耐食性が優れている低合金鋼で,耐候性の付与のためには0.25~0.55%の銅,0.07~0.15%のリン,0.3~1.0%のクロムの共同の効果が有効である。とくに少量の銅の存在は不可欠である。この鋼材はとくに亜硫酸ガスで汚染されている工場地帯などで著しい耐食効果をあげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の耐候鋼の言及

【耐食合金】より

…低合金鋼は腐食を止めることはできないが,少量の添加元素によってさび生成の機構が変化することによって耐食性を獲得する。例としては耐候鋼(Cu‐P‐Cr鋼,Cu‐Cr鋼),耐海水鋼(Cu‐Ni‐Mn鋼,Si‐Mn‐Cr鋼),耐硫酸鋼(Cu‐Cr‐Sb鋼)などがある。ステンレス鋼(高Cr鋼,高Cr‐Ni鋼,高Cr‐Ni‐Mo鋼)は現在の耐食合金の主流をなすものであり,用途に応じた鋼種が数多く開発されている。…

※「耐候鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

耐候鋼の関連キーワード緑青心寂しい救命野晒し曝葬サラサ形サラサ紙くにさきデザート・クラスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone