コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耶舎(読み)やしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耶舎
やしゃ

前5世紀頃のインドの僧。サンスクリット語 Yaśaの音写。富豪の子として生まれ,世間の栄達を嫌って出家し,釈尊に会って6番目の弟子となった。妻や父母も仏門に帰依して,最初の在家信者となった。

耶舎
やしゃ
Yasa Kākāṇḍakaputta

インドの僧。前 283年頃の人。進歩派の修行僧が,10項目にわたる戒律の新解釈を行なったことに対抗し,保守派の長老とはかってそれを戒律違反であると決定した。のちに 700人の修行僧を招集して,経典の第2結集を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android