コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耶舎 やしゃ

3件 の用語解説(耶舎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耶舎
やしゃ

前5世紀頃のインドの僧。サンスクリット語 Yaśaの音写。富豪の子として生まれ,世間の栄達を嫌って出家し,釈尊に会って6番目の弟子となった。妻や父母も仏門に帰依して,最初の在家信者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

耶舎
やしゃ
Yasa Kākāṇḍakaputta

インドの僧。前 283年頃の人。進歩派の修行僧が,10項目にわたる戒律の新解釈を行なったことに対抗し,保守派の長老とはかってそれを戒律違反であると決定した。のちに 700人の修行僧を招集して,経典の第2結集を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やしゃ【耶舎】

《〈梵〉Yaśasの音写》古代インドの波羅奈(はらな)国の富豪の息子。家出し、鹿野苑(ろくやおん)釈迦に会って出家し、五比丘に次ぐ6番目の弟子となった。探しにきた父母も帰依し、最初の在家信者となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone