コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ペトリ大聖堂 セイペトリダイセイドウ

2件 の用語解説(聖ペトリ大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいペトリ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖ペトリ大聖堂】

Sankt Petri Dom》ドイツ北西部、ブレーメン州の州都、ブレーメンの旧市街中心部にある大聖堂。創建は8世紀末だが、たび重なる火災や戦災で破壊された。11世紀に再建が始まり、増改築が繰り返され、ロマネスク様式やゴシック様式が混在する。大聖堂が面するマルクト広場の市庁舎とローラント像は、2004年に世界遺産文化遺産)に登録された。ブレーメン大聖堂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいペトリだいせいどう【聖ペトリ大聖堂】

ドイツ北西部の港湾都市ハンブルク(Hamburg)の南西100km、ブレーメン(Bremen)の旧市街の中心にあるマルクト広場に建つ聖堂。その横にはブレーメンの市庁舎がある。2つの尖塔を持ったゴシック様式の聖堂で、内部は美しいレリーフステンドグラスで装飾されている。また、この大聖堂には博物館が併設されていて、銀の祭壇や、中世の司祭の墓、絵画などの展示がある。この教会の歴史は古く、789年にはすでに木造の教会があった。この教会は、9世紀に石造の前期ロマネスク様式の聖堂がつくられた。この聖堂は1041年の火災で全壊し、1068年に現在の大聖堂の建設が始まり、1100年ごろには聖堂が、1250年ごろには塔が建設され、1500年ごろには内部がゴシック様式で改装された。しかし、この聖堂は1561年に閉鎖される。その後、1638年にプロテスタントルター派)の教会として再開された。19世紀には大規模な改装が行われたが、1945年の空襲で約30%を損壊し、戦後修復されて今日に至っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ペトリ大聖堂の関連キーワードウィスマールハンブルクフレンスブルク漢堡メーメルブルクメクレンブルクフォアポンメルンワルネミュンデエーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク・システム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone