コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職能資格制度 しょくのうしかくせいど

5件 の用語解説(職能資格制度の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

職能資格制度

人事制度の形態のひとつで、能力主義にもとづく制度をさす。社員をその職務遂行能力の発展段階でランク付けし、それに応じて処遇を決定する。ランク付けしたものを職能等級または職能資格とよび、それぞれのランクに1等級、2等級という名称や主事、参事といった資格名称がつけられる。職能等級が用いられている制度の場合、職能等級制度とよばれることが多いが、職能資格制度と称するものもある。 職能資格制度は、職能等級や職能資格を中心とした賃金制度、評価制度、教育制度などの人事制度全体をさしているが、1つの人事制度の中では職能資格のランク付けと昇降のしくみの部分だけをさしてよぶこともある。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

百科事典マイペディアの解説

職能資格制度【しょくのうしかくせいど】

従業員の職務遂行能力に応じて格付けされた職能資格等級をもとに人事や処遇を実施する制度。1973年のオイルショック以降に,日本の大企業を中心に急速に普及した。通常,昇格基準による資格等級の上昇を昇格,役職位の上昇を昇進という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

人材マネジメント用語集の解説

職能資格制度

・資格等級の区分を業務遂行能力で行う仕組み。
・対象者に求められる職務遂行能力を明確にして、その能力に応じて資格等級を定める制度。
安定成長期には平等主義的な運営が可能、ポストの有無とは無関係に昇格機会を与え、動機付けを維持することが可能といったメリットもあるが、経営ビジョン・戦略と人材像との関連付けが困難、職能基準の曖昧さ、降格の困難さなどにより年功運用に陥る恐れがある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

人事労務用語辞典の解説

職能資格制度

企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。
(2004/10/15掲載)

出典|『日本の人事部』
人事労務用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょくのうしかくせいど【職能資格制度】

従業員の能力や熟練の度合などによって職能資格等級を決定し、その等級に応じた待遇に処する人事制度。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の職能資格制度の言及

【職能給】より

…職務遂行能力をとらえる方法としては,職能分類制,能力序列(資格)による格付け,年数(勤続年数,経験年数等),技能資格,実技テスト,資格試験などが併用されている。ちなみに,日経連(日本経営者団体連盟)が指導している〈職能資格制度〉では〈職務を基礎とした遂行能力の段階区分に応じて職能資格を設定し,従業員一人ひとりの職務遂行能力の発揮度,期待度に応じて職能資格に格付ける。また職務遂行能力の伸長度に応じて職能資格を歩ませる(昇格させる)システム〉とされている。…

※「職能資格制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone