コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職能給 しょくのうきゅうwages on job evaluation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職能給
しょくのうきゅう
wages on job evaluation

労働者の職務を遂行する能力を基準として支払う賃金のこと。この場合の能力とは,現在の職務に対して実際に発揮している能力,および各人が潜在的にもっている能力をも含む総合的なものと解されている。たてまえは同一能力同一賃金だが,形態は次のように雑多である。 (1) 学歴などによって区分し,その区分に応じる,(2) 個々の労働者を職務遂行能力別,能力段階別に区分し,それぞれ同一の賃金を支払う,(3) 職務給に職務遂行能力を加味する,など。職務給の場合,職務が変らないかぎり昇給しないが,職能給では職務遂行能力が向上すれば昇給することとなる。日本では職務給の普及がむずかしく,職能給は広く採用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょくのう‐きゅう〔‐キフ〕【職能給】

職員各自の職務遂行能力をあらかじめ定めた序列に当てはめ、その序列にしたがって賃金を定める方式。→職務給

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

職能給【しょくのうきゅう】

労働者の職務遂行能力を,技能・資格・知識・熟練度・経験など一定の判定基準に従って序列づけ,それに応じて賃金を定めるもの。元々はアメリカ流の職務給を導入しようとしたのであるが,職務評価技術を用いず,また個人の能力差をも盛りこむなど,日本では職務給とは異なる賃金制度となった。
→関連項目年功序列型賃金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

人材マネジメント用語集の解説

職能給

従業員が保持する職務を遂行するために必要となる能力(職務遂行能力)に対して支払われる賃金。
・能力に対して支給されるため、異動等により配置転換されても、同一賃金が維持される。
・従業員そのものにフォーカスした賃金となっており、その能力を捉える方法として、職能・能力の序列化による格付けや経験年数、技能試験等による方法がある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

職能給

職能給とは、職務遂行能力の程度に応じて決定する給与をいう。通常、その人の職務遂行能力をランク付けした職能等級や職能資格に応じて水準や範囲が決定され、その範囲の中を毎年の評価によって昇降するしくみとなる。通常は職能等級や職能資格ごとに賃金表(号俸テーブル)が作成され、評価ランクに応じて所定の号数分を昇降する方式が多い。しかし、評価ランクごとの金額を決定した洗い替え方式や評価ランクごとの昇給額のみを明示した昇給表方式など、バリエーションも多い。 職能給はその人の能力を判定して給与額が決まるため、部署を異動したり担当職務が変わっても直接給与額は変わらない。そのため、ローテーションが多い日本企業に適した側面はあるが、給与額が仕事ではなく人に連動し、年功的な運用となりやすい欠点があると指摘されている。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくのうきゅう【職能給】

職能給とは,従業員が保有する職務遂行能力を対象として,能力評価によって格付けし,職能等級ごとに賃率を設定する賃金支払方式であり,職務観念が希薄な日本の企業で,職務給に代わるメリット・システムとして発達した。職務遂行能力をとらえる方法としては,職能分類制,能力序列(資格)による格付け,年数(勤続年数,経験年数等),技能資格,実技テスト,資格試験などが併用されている。ちなみに,日経連(日本経営者団体連盟)が指導している〈職能資格制度〉では〈職務を基礎とした遂行能力の段階区分に応じて職能資格を設定し,従業員一人ひとりの職務遂行能力の発揮度,期待度に応じて職能資格に格付ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょくのうきゅう【職能給】

従業員の職務遂行能力に基づいて決められる給与。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職能給
しょくのうきゅう

労働者の職務遂行能力を基準として決められる賃金で、職務給とともに仕事給の主要な形態をなす。職務を遂行する能力のとらえ方によって次の二つのタイプに分けられる。一つは、職務遂行能力を仕事の種類ごとに分類(職掌分類という。たとえば作業職、事務職、監督職、管理職など)し、各職掌ごとに能力段階を設け、それに賃金を対応させるものである。いま一つは、職務遂行能力について能力序列を設け(たとえば事務系統については参事―副参事―主事―書記―書記補、技術系統では技師長―技師―技手―技手補―工手―工手補)、その序列に従って賃金を決めるものである。企業における能力主義管理の強化に伴って拡大を遂げ、さらに、近年、職務の流動化、作業範囲の拡大、配転・応援などの「合理化」に対応しうる体制づくりの一環として、いっそう強力に推進されつつある。しかし、能力評価が恣意(しい)的、主観的にならざるをえないこと、賃金の差別化・格差拡大を生み出すことなど問題も多い。[横山寿一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

職能給の関連キーワード号俸/号俸テーブル基準内賃金賃金体系年功賃金家族手当賃金格差能力給属人給基本給勤続給

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職能給の関連情報