コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喀痰検査 カクタンケンサ

デジタル大辞泉の解説

かくたん‐けんさ【××痰検査】

吐き出された痰の性状・成分や微生物などの検査。気管支・肺などの疾患の診断に用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

喀痰検査【かくたんけんさ】

肺結核,肺癌などの肺疾患診断のための検査。量,色調,臭気なども参考になるが,喀痰中の細菌の検査,腫瘍(しゅよう)細胞の証明などが通常行われる。細菌検査の場合は,培養試験によることもある。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かくたんけんさ【喀痰検査】

呼吸器疾患の診断のために行うの検査で,次の三つがおもなものである。(1)痰の色や性状と量の検査 細菌感染のあるときには黄色く膿性となる(気管支炎細菌性肺炎)。嫌気性菌の感染では腐敗臭が特徴。気管支拡張症肺化膿症では大量である。血痰が肺癌の初期症状となることもある。気管支の枝わかれがそのまま鋳型になったような形の粘液やクルシュマン螺旋(らせん)体(気管支喘息ぜんそく)などのときにみられるもので,螺旋状にねじれた糸状の粘液)など特殊な肉眼的異常がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かくたんけんさ【喀痰検査】

喀痰を細菌学的・細胞学的に検査すること。細胞学的検査は喀痰細胞診とも呼ばれ、肺癌や肺結核などの診断に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

喀痰検査の関連情報