コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喀痰検査 カクタンケンサ

4件 の用語解説(喀痰検査の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくたん‐けんさ【××痰検査】

吐き出された痰の性状・成分や微生物などの検査。気管支・肺などの疾患の診断に用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

喀痰検査【かくたんけんさ】

肺結核,肺癌などの肺疾患診断のための検査。量,色調,臭気なども参考になるが,喀痰中の細菌の検査,腫瘍(しゅよう)細胞の証明などが通常行われる。細菌検査の場合は,培養試験によることもある。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かくたんけんさ【喀痰検査】

呼吸器疾患の診断のために行うの検査で,次の三つがおもなものである。(1)痰の色や性状と量の検査 細菌感染のあるときには黄色く膿性となる(気管支炎細菌性肺炎)。嫌気性菌の感染では腐敗臭が特徴。気管支拡張症肺化膿症では大量である。血痰が肺癌の初期症状となることもある。気管支の枝わかれがそのまま鋳型になったような形の粘液やクルシュマン螺旋(らせん)体(気管支喘息ぜんそく)などのときにみられるもので,螺旋状にねじれた糸状の粘液)など特殊な肉眼的異常がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かくたんけんさ【喀痰検査】

喀痰を細菌学的・細胞学的に検査すること。細胞学的検査は喀痰細胞診とも呼ばれ、肺癌や肺結核などの診断に用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喀痰検査の関連キーワード呼吸器バイオプシー遺伝子診断吸入器RCU循環器疾患先天性心疾患の検査と診断肺機能検査呼吸器科肺音

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喀痰検査の関連情報