脇本遺跡(読み)わきもといせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良県桜井市脇本,三輪山南ろくを流れる初瀬川の北岸段丘上に位置する古墳時代主体とする複合遺跡磯城磐余の諸宮調査会の4次にわたる発掘調査の結果,5世紀後半の掘立柱建物2棟,6世紀後半の掘立柱建物1棟,7世紀後半の掘立柱建物2棟, (さく) 列1基等が検出されている。特に5世紀のものは遺跡の西寄りに,南北に長い2棟が側柱をそろえ計画的に配置され,幅 5.5m,長さ 13m以上の大規模建物の存在が推定される。この同時代層準より製塩土器や滑石製品が出土し,焼土層が検出されており,祭祀的な性格がうかがえる。6世紀代の建物は3間×4間の総柱建物で,倉庫かと推定される。なお付近は雄略天皇泊瀬朝倉宮武烈天皇の泊瀬列城宮伝承地であり,当遺跡の規模や性格から宮跡の一部であった可能性もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脇本遺跡の関連情報