コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神埼 かんざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神埼
かんざき

佐賀県東部,神埼市中部の旧町域。脊振山地南麓から佐賀平野にかけて広がる。 1894年町制。 1955年西郷村,仁比山村と合体。 2006年千代田町,脊振村と合体して神埼市となる。中心集落の神埼は,律令時代には肥前国の国府があった大和へ通じる宿駅で,中世には神埼荘の中心集落。江戸時代には長崎街道宿場町で,地元産のコムギと城原川の水力を利用して神埼そうめんの生産が始まった。東部の吉野ヶ里町にまたがる国指定特別史跡の吉野ヶ里遺跡が有名。律令時代の烽火台の跡でサクラの名所の日の隈山や櫛田神社,九年庵 (旧伊丹氏別邸,庭園は国の名勝) がある。日の隈山はじめ西部の丘陵は川上金立県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんざき【神埼】

佐賀県東部にある市。稲作やイチゴ・茶の栽培が盛ん。東隣の吉野ヶ里町との境に吉野ヶ里遺跡がある。平成18年(2006)3月に神埼町・千代田町・脊振(せふり)村が合併して成立。人口3.3万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんざき【神埼】

佐賀県東部の市。農業が主。近世から製粉・製麺が盛んで、神埼そうめんを特産。伊東玄朴の生地。東部に吉野ヶ里遺跡がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神埼
かんざき

佐賀県東部、神埼郡にあった旧町名(神埼町(まち))。現在は神埼市神埼町地区で、市の中部を占める。旧神埼町は、1893年(明治26)町制施行。1955年(昭和30)仁比山(にいやま)、西郷(さいごう)の2村と合併。2006年(平成18)千代田町、脊振(せふり)村と合併して市制施行、神埼市となった。旧町域の北部は脊振山地、中部、南部に佐賀平野の水田地帯が広がり、筑後(ちくご)川に注ぐ城原(じょうばる)川が南に貫流する。神埼の名は古代の郡、郷名による。石井ヶ里(いしいがり)など古代条里制遺称地名のなかに神埼ヶ里があり、また中世神崎荘(しょう)で著名。JR長崎本線が通じ、国道34号と385号が走る。神埼駅近くの中心市街地は、近世長崎街道の神埼宿の地。駅ヶ里(やくがり)には古代神埼駅の駅家(うまや)があったとされる。近世以来の「神埼素麺(そうめん)」は代表的な特産物。ヤクルトなどの企業進出もみられ、またミカン、野菜園芸、畜産など農業の多角化も進む。櫛田(くしだ)神社神幸祭の太神楽(だいかぐら)と仁比山神社の御田舞(おんだまい)は県指定重要無形民俗文化財。蘭医(らんい)伊東玄朴(いとうげんぼく)の旧宅と伊勢塚(いせづか)古墳は県指定史跡。明治中期につくられた、実業家伊丹弥太郎の別荘と庭園である「九年庵」は国指定名勝。日ノ隈(ひのくま)山は『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』にみる烽(とぶひ)の場所と推定される。[川崎 茂]
『『神埼町史』(1972・神埼町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神埼の関連キーワード佐賀県神埼市神埼町西小津ヶ里佐賀県神埼郡吉野ヶ里町立野佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田佐賀県神埼郡吉野ヶ里町箱川佐賀県神埼郡吉野ヶ里町石動佐賀県神埼市神埼町本告牟田佐賀県神埼郡吉野ヶ里町豆田佐賀県神埼市神埼町田道ヶ里佐賀県神埼市千代田町境原佐賀県神埼市千代田町黒井佐賀県神埼市千代田町餘江佐賀県神埼市千代田町下西佐賀県神埼市千代田町嘉納佐賀県神埼市千代田町用作佐賀県神埼市千代田町崎村佐賀県神埼市千代田町渡瀬佐賀県神埼市千代田町迎島佐賀県神埼市千代田町直鳥佐賀県神埼市千代田町詫田佐賀県神埼市千代田町下板

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神埼の関連情報