コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎性骨異栄養症 じんせいこついえいようしょうRenal Osteodystrophy

家庭医学館の解説

じんせいこついえいようしょう【腎性骨異栄養症 Renal Osteodystrophy】

[どんな病気か]
 腎不全(じんふぜん)(「腎不全」)にともなっておこる、カルシウムやリンなどの電解質の障害、ビタミンDの活性化(からだが利用できるかたちに変えること)の障害による骨の病気です。
 腎不全が進むと、上皮小体(じょうひしょうたい)(副甲状腺(ふくこうじょうせん))という部分の機能が亢進(こうしん)したり、骨にアルミニウムがたまって、骨にいろいろな変化をおこします。
 腎不全そのものが、この病気の発症や進行に大きく影響し、長く人工透析(じんこうとうせき)を続ける場合の代表的な合併症となるので、透析骨症(とうせきこつしょう)と呼ばれることもあります。
[症状]
 腎不全によって、上皮小体ホルモンの分泌(ぶんぴつ)が盛んになり、骨の代謝が高まります。骨からカルシウムなどが溶け出す骨吸収が盛んになるため、骨形成が追いつかず、骨の融解が進行します。
 骨や関節に痛みがおこり、骨折しやすくなります。体内のカルシウムなどの分布が異常になるため、皮膚のかゆみ、筋力の低下がおこり、さらに皮膚の潰瘍(かいよう)などができることもあります。
 また、ビタミンDが欠乏したり、骨にアルミニウムがたまると、骨がやわらかくなり、骨の変化が進みます。
[検査と診断]
 慢性腎不全の治療で、人工透析をしている間は、定期的に血液中の上皮小体ホルモン、カルシウム、リン、アルミニウムの測定をします。
 また、手足のX線撮影をして、骨の変化を観察します。
 副甲状腺の上皮小体機能亢進が疑われるときは、頸部(けいぶ)のCTやシンチグラムによる画像診断が役立ちます。
[治療]
 上皮小体機能亢進がある場合は、リンの体内への蓄積を防ぐ必要があり、食事療法(低たんぱく食)が重要になります。
 同じ目的から、人工透析を行なう場合に、透析液の組成や、透析膜を変えることもあります。
 このような内科的な治療でもよくならず、腫(は)れた上皮小体が確認され、上皮小体ホルモンの分泌が高いままであるときには、上皮小体を摘除します。
 また、活性化ビタミンDを服用することは、骨の軟化による痛みや骨折を防ぐのに有効です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

腎性骨異栄養症の関連キーワード続発性副甲状腺機能亢進症腎臓のしくみとはたらき腎臓病の主要な症状脊椎圧迫骨折

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android