自分だけの部屋(読み)じぶんだけのへや

百科事典マイペディア「自分だけの部屋」の解説

自分だけの部屋【じぶんだけのへや】

1929年刊行のバージニア・ウルフによるフェミニズム文学批評の古典。《A Room of One's Own》。女性と小説,歴史,文化,そして書くことをめぐる様々な指摘提案はもとより,タイトルの由来ともなっている〈女性が小説を書きたいのならば,経済力と自分ひとりの部屋を持たねばならない〉という言葉は,後続の文学者・文学研究者をはじめ多くの女性に大きな示唆を与えてきた。
→関連項目両性具有

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる