コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自治体クラウド ジチタイクラウド

3件 の用語解説(自治体クラウドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じちたい‐クラウド【自治体クラウド】

地方自治体が住民情報などを民間のデータセンターに移し、クラウド上でサービスを受けられる環境のこと。複数の自治体でデータを共同管理することでコストを削減できるなどの利点があり、平成21年(2009)から総務省の主導で導入が進められている。→クラウドコンピューティング

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自治体クラウド

民間のデータセンターに住民基本台帳、税、国民健康保険などの住民情報を預け、自治体向けの専用ネットワークを通じ、データを送受信できる仕組み。複数の自治体で共同管理することでコスト削減の効果があるとして、総務省が2009年度から導入を進めてきた。

(2012-02-22 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自治体クラウド
じちたいくらうど

全国の自治体の情報システムの基盤となる、大規模なクラウドコンピューティングシステム。各自治体が、業務用の端末などから専用の総合行政ネットワークLGWAN(エルジーワン)=Local Government Wide Area Network、地方自治体を相互接続するコンピュータネットワークシステム)を使い、都道府県や市町村の業務システムをクラウド上に集約した大規模なシステム基盤、および住民情報を預けた民間委託のデータセンターに接続し、必要なデータの送受信を行う仕組みである。このシステムを総務省は2009年(平成21)に「自治体クラウド」と名づけ、その普及を図っている。ここで扱われる住民情報は住民基本台帳、納税、国民健康保険、介護保険など、基幹業務にかかわるものだけである。現在、全国各地で実証実験を行いながら全国的な連携基盤が構築されている。自治体だけを結んだ専用線を使うネットワークという点で、インターネットを使ったクラウドとは通信方法が異なる。従来は自治体それぞれが個別に情報システムを運用し、その設備投資や維持管理の高コストが問題視されてきたが、自治体クラウドは共同管理により低コストで効率的な運用ができる。また、データセンターにおいては、建物の堅牢(けんろう)性や有人監視など、セキュリティに配慮がなされている。
 2011年に発生した東日本大震災では津波で住民情報を保管していた市町村庁舎のサーバーが被災し、長く業務に支障をきたした。自治体クラウドを運用していれば、仮庁舎でも迅速に業務の再開が可能であるため、震災後は被災地以外でも導入の動きが広がり、被災地が導入する場合は実質的に国が費用を全額負担している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自治体クラウドの関連情報