コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然の光 しぜんのひかりlumen naturale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然の光
しぜんのひかり
lumen naturale

古代の光の形而上学に由来する概念で,啓示を意味する恩恵光 (超自然の光) に対して理性を意味する。キケロがすでにこの言葉を用いており,スコラ哲学において普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐の‐ひかり【自然の光】

《〈ラテン〉lumen naturaleスコラ学で、超自然的事物(神)を認識する能力である「恩寵の光」に対して、人間に生得的にそなわっている自然界の事物を認識する能力。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぜんのひかり【自然の光】

スコラ哲学で、事物の認識のために神から特別に与えられる恩寵の光に対して、人間に生得的に与えられている事物を認識する能力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の自然の光の言及

【照明説】より

…この認識論は中世のフランシスコ会のものとなり,さらに神秘主義や光学にも大きな影響を与えたが,他方,認識を感覚からの抽象という理性の自発的な働きに基礎づけるアリストテレス以来の考え方があって,照明説は13世紀以後衰退した。しかし近世に入ってもマールブランシュのように,〈恩寵の光lumen gratiae〉に代わる〈自然の光lumen naturale〉の照明をもって理性認識の原因とみなす機会原因論もあった。新プラトン主義【泉 治典】。…

※「自然の光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自然の光の関連キーワードロラン(Claude Lorrain)ドメニコ・ベネツィアーノヨセフ イスラエルスコンパス植物マキアイオリ還元(哲学)ライトコートパラケルススゲインズバラ万国博覧会不可知論合理主義啓蒙思想自然神学外光派モネ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然の光の関連情報