コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照明説 しょうめいせつ doctrine of illumination

1件 の用語解説(照明説の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうめいせつ【照明説 doctrine of illumination】

とくに新プラトン主義の伝統において主張された認識論上の原理。プラトン以前にもピタゴラスパルメニデスの哲学では,真理はそれ自体で存在し,永遠不滅で美と調和と論理的透明さをもつものとされ,これの認識は霊魂が感覚の混雑を離れて純一となり,光の世界に昇ったときに初めて起こるとされた。この考えはプラトンのイデア説とプロティノスヌース(知性)説に生かされ,霊魂の純化と上昇の道を教えるとともに,霊魂が想起によって自己のうちに真理を見いだすことも説かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

照明説の関連キーワードキンディー伝統主義フィチーノプラトン主義ユリアヌスロイヒリンピコデラミランドラプラトニック新プラトン学派ファーラビー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone