コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然休会 しぜんきゅうかいautomatic adjournment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然休会
しぜんきゅうかい
automatic adjournment

会期中に議決によらず国会の活動を休止させること。本来,国会が活動を休止する場合には両院の議決が必要であるが,それを弾力的に運用するために自然休会が慣例化した。自然休会は国の行事や組閣などの際に休会期間を申し合わせて行なわれるが,特に 1991年まで 12月に召集されていた通常国会 (92年以降は1月) では,慣例により年末年始に1月以上も自然休会が続いた。休会も会期の中に含まれるため,このような長期の自然休会は国会の効率を妨げるものである,と批判されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐きゅうかい〔‐キウクワイ〕【自然休会】

会期中の国会または各議院が、議決によらず、慣例上または申し合わせにより休会すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぜんきゅうかい【自然休会】

国会の会期中に、国会の一院が休会の議決を行うことなく慣例上または各党派の申し合わせによって審議を休むこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自然休会の関連キーワード一院

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android