コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由からの逃走 じゆうからのとうそうEscape from Freedom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由からの逃走
じゆうからのとうそう
Escape from Freedom

新フロイト派の精神分析学者 E.フロム主著。 1941年刊。本書の主題は「近代社会は,前近代的な社会の絆から個人を解放して一応の安定を与えたが,同時に個人的自我の実現,すなわち個人の知的,感情的,また感覚的な諸能力の表現という積極的な意味における自由は,まだ獲得できず,かえって不安をつくり上げた」ということである。本書の特筆さるべきは,第1に歴史の原動力として社会経済的条件ならびにイデオロギーと並んで,心理的な社会的性格概念を新しく提出したこと,第2にサドマゾヒズムとして説明される権威主義的パーソナリティの概念を使用して,ファシズム温床たるドイツ下層中産階級に潜在する自由と平等を否定する性格構造を指摘したことである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由からの逃走
じゆうからのとうそう
Escape from Freedom

ドイツ生まれのユダヤ人、社会学者・精神分析学者E・フロムが亡命地アメリカで書いた代表作。1941年刊。ナチズム台頭の因を社会、経済的側面からだけではなく社会心理学的側面から分析する必要を論じて注目された。人間やある社会階層が政治、経済的危機状況に置かれたときにおこる「権威主義的性格」をマゾ・サド的側面から解明。ファシズム運動を、一方ではヒトラーの権威に従いその犠牲になることに喜びを感じ、他方では自分より劣った者たとえばユダヤ人を蔑視(べっし)・虐待し、欲求不満や劣等感を解消しようとした心理や行動の現れとして描いている。個性の喪失と画一化が進行している現代社会に対しても示唆に富む。[田中 浩]
『日高六郎訳『自由からの逃走』(1951・東京創元社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

自由からの逃走の関連キーワードフランクフルト学派エーリッヒ フロム大衆社会論疎外逃避

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由からの逃走の関連情報