コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞台峠 ぶたいとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舞台峠
ぶたいとうげ

岐阜県東部,美濃地方と飛騨地方の境をなす分水界にある峠。下呂市中津川市との境にある。標高 693m。飛騨地方と美濃地方を結ぶ街道のうち,冬季も物資輸送が絶えず,また多くの女工が飛騨地方から信州方面へ通った。 1934年高山本線の開通後は衰微したが,今日も下呂市と中津川市を結ぶ国道 257号線上にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕舞台峠(ぶたいとうげ)


岐阜県東部、中津川(なかつがわ)市と下呂(げろ)市の境に位置する峠。標高約690m。阿寺(あてら)断層帯に沿って古くから飛騨(ひだ)・美濃(みの)国境の要路だった。現在、国道257号が通る。北東約1kmに天然記念物の加子母(かしも)のスギ、その約3km奥に乙女(おとめ)渓谷キャンプ場がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舞台峠
ぶたいとうげ

飛騨(ひだ)の下呂(げろ)と東濃(とうのう)の中津川(なかつがわ)とを結ぶ国道257号が、濃飛国境にあたる分水界にかかる峠。岐阜県下呂市と中津川市加子母(かしも)の境界に位置する。標高693メートル。この峠付近を阿寺(あてら)断層が、およそ南北に走っている。古くから飛騨の南東部の出入口として知られ、交通の要地としての役割を果たしてきた。現在の国道は、昔の峠からすこし移動しているが、2車線として整備されているので、中央自動車道を利用して飛騨方面へ出入する交通量が増加している。峠から南東方の加子母側は、峠付近まで農地が開け、集落も立地している。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

舞台峠の関連キーワード加子母[村]天然記念物山本あゆみ浅海彩子断層帯要路

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞台峠の関連情報