コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山本線 たかやまほんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高山本線
たかやまほんせん

中部地方中央部を南北に走る鉄道。岐阜猪谷-富山間 225.8km。猪谷までは JR東海,以降は JR西日本に所属。 1920年岐阜県側から建設工事に着手,昭和の初めには飛越線として富山県側からの工事も始り,34年全線開通。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかやま‐ほんせん【高山本線】

岐阜から高山を経て富山に至るJR線。富山・高山間は全通時まで飛越線と称した。全長225.8キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高山本線【たかやまほんせん】

岐阜〜富山間のJR線。営業キロ225.8km。1934年全通。飛騨地方を経て中京圏北陸地方を短絡する本州横断線で,沿線高山市,下呂温泉があり,観光客でにぎわう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

高山本線

JR東海、JR西日本が運行する鉄道路線。岐阜県岐阜市の岐阜駅から富山県富山市の富山駅を結ぶ。富山市内(猪谷(いのたに)駅~富山駅)はJR西日本管内となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかやまほんせん【高山本線】

東海道本線岐阜駅から下呂温泉高山市を経て北陸本線富山駅に至る225.8kmのJRの営業線。うち岐阜方189.2kmがJR東海,富山方36.6kmがJR西日本に属する。岐阜,名古屋地方と日本海沿岸の富山地方とを結ぶ中部地方の本州横断路線で,岐阜側および富山側からそれぞれ建設が開始された。岐阜側からは高山線として木曾川,飛驒川沿いに建設が進み,1920年11月まず岐阜~各務ヶ原(かがみがはら)間が開業,翌年11月に美濃太田,30年11月に下呂までが開業した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たかやまほんせん【高山本線】

岐阜から高山を経て富山に至る鉄道線。岐阜・猪谷(189.2キロメートル)は JR 東海、猪谷・富山(36.6キロメートル)は JR 西日本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高山本線
たかやまほんせん

岐阜県中央部から富山県へ走る東海旅客鉄道と西日本旅客鉄道の線路名称。岐阜―高山―富山間225.8キロメートル。全線単線、非電化。飛騨(ひだ)地方を南北に縦断し、木曽(きそ)川とその支流飛騨川、益田(ました)川、神通(じんづう)川とその上流部の宮川などの河谷を走って、濃尾(のうび)平野、高山盆地、富山平野を結ぶ。中央日本の横断線として険しい山地を走るため、急勾配(こうばい)、急曲線区間が連続し、トンネル、橋梁(きょうりょう)も多い。岐阜側寄りは高山線、富山側寄りは飛越線として建設を進め、1920~1934年(大正9~昭和9)に全線を開業し、高山本線とした。1987年、日本国有鉄道の分割民営化のため、岐阜―猪谷(いのたに)間(189.2キロメートル)が東海旅客鉄道、猪谷―富山間(36.6キロメートル)が西日本旅客鉄道に所属した。沿線には高山をはじめ、下呂(げろ)温泉、飛騨木曽川国定公園など観光地も多い。かつては電化計画があり、1980年(昭和55)に着工されたが、利用客数が伸びないことや、国鉄時代の経費抑制策などにより、工事は中止されて現在に至っている。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高山本線の関連キーワード野麦県立自然公園太田(岐阜県)美濃加茂[市]浅野 長太郎各務原[市]久々野[町]大沢野[町]栃尾[温泉]白川(町)金山[町]宮川[村]富山[市]河合[村]神岡[町]白川[町]浅野長太郎坂祝[町]七宗[町]婦中[町]高山[市]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android