コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船木関 ふなきのせき

百科事典マイペディアの解説

船木関【ふなきのせき】

近江国に置かれた湖上関。琵琶湖の南東岸の蒲生(がもう)郡(現滋賀県近江八幡市),西岸の高島郡(現高島市)に同じ船木関があり,いずれも造船用木材の集散地であったことに由来するという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふなきのせき【船木関】

近江国安曇(あど)川の河口,現滋賀県高島郡安曇川町船木と,琵琶湖東岸の現近江八幡市船木に設けられた湖上関。1382年(弘和2∥永徳2)臨川(りんせん)寺領加賀国大野荘年貢の運送を〈江州湖上舟木浜関所〉が留めおいたため,関務(関所の役人)に触れて勘過(調査して通過させること)を幕府が命じている。安曇川河口の舟木浜には賀茂神社の御厨(みくりや)もあり,この関は当時〈山門(比叡山延暦寺)六社造営方〉の支配下にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone