コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船木関 ふなきのせき

2件 の用語解説(船木関の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

船木関【ふなきのせき】

近江国に置かれた湖上関。琵琶湖の南東岸の蒲生(がもう)郡(現滋賀県近江八幡市),西岸の高島郡(現高島市)に同じ船木関があり,いずれも造船用木材の集散地であったことに由来するという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふなきのせき【船木関】

近江国安曇(あど)川の河口,現滋賀県高島郡安曇川町船木と,琵琶湖東岸の現近江八幡市船木に設けられた湖上関。1382年(弘和2∥永徳2)臨川(りんせん)寺領加賀国大野荘年貢の運送を〈江州湖上舟木浜関所〉が留めおいたため,関務(関所の役人)に触れて勘過(調査して通過させること)を幕府が命じている。安曇川河口の舟木浜には賀茂神社の御厨(みくりや)もあり,この関は当時〈山門(比叡山延暦寺)六社造営方〉の支配下にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

船木関の関連キーワード安土城安曇川海津朽木江西学派由良の門高島石藤樹の里あどがわ出雲狛川島宇一郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone