コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶工学 センパクコウガク

3件 の用語解説(船舶工学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんぱく‐こうがく【船舶工学】

船舶の設計や建造に関する理論・技術を研究する学問。造船学。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんぱくこうがく【船舶工学】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船舶工学
せんぱくこうがく
naval architecture

船舶の設計、建造、保守について、理論的、実験的に研究する工学の一分野。狭義には造船工学とよばれることもある。最近では通常の船舶だけでなく、プラント類を輸送するバージ(艀(はしけ))、波力発電用の浮体、石油掘削用のプラットホームなども対象にされるようになってきた。
 取り扱う研究部門としては、流体力学、船体抵抗・推進論、船舶算法、復原性、動揺、耐航性、操縦性、材料力学、船体構造力学、船体振動論などがある。
(1)船体抵抗・推進論 流体力学に基づいて、船体が水と空気の境界や水中を進むときの抵抗と、プロペラほかの推進器で推進するときの効率を研究する学問である。模型による水槽実験が広く行われている。
(2)船舶算法 複雑な三次元曲面からなる船体の表面積・体積・浮心位置などの計算法、および積載物が変動した際に船体の姿勢に及ぼす影響を考える学問である。
(3)復原性、動揺、耐航性、操縦性 船体運動学ともいうべき分野で、転覆しにくく、快適に航海できる船体設計の基礎となる。船体や浮体のつり合いと復原能力、外力に応ずる横・縦揺れの消長、不規則波海面での船体の運動などを研究する。この部門でも水槽実験が有用である。
(4)船体構造力学 波や風からの不規則な外力を受け、複雑な運動をする船体の強度を研究する学問である。材料力学を基礎に、模型実験を重ねながら研究を行う。
(5)船体振動論 主機関やプロペラの起振力が、船体構造の全体または局部におこす共振や、有害な振動の回避のための研究を行う。
 また船舶工学のうち生産技術と関係の深い分野には、商船設計・艤装(ぎそう)、造船工作法、船舶溶接工学などがある。舶用機関や電気機器に特有の分野は、船舶工学に含まないのが普通である。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船舶工学の関連キーワード実地天文学土木工学航海術積分学船舶管理人造本微分学鉄道工学簿記学船舶修繕費保険

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船舶工学の関連情報