色を付ける(読み)いろをつける

精選版 日本国語大辞典「色を付ける」の解説

いろ【色】 を 付(つ)ける

物事の扱いで相手に温情を示す。祝儀を出す、値を引く、景品を付けるなどにいう。
※東寺百合文書‐り・大永七年(1527)六月二七日・三条西公条書状「両方色をつけ、又堪忍の心中無之候者、難成立候」
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉むほん「どのみち何とか色は付けてくれるんだらうから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android