色を付ける(読み)イロヲツケル

  • いろ
  • を 付(つ)ける
  • 色(いろ)を付(つ)・ける

大辞林 第三版の解説

商いなどで、おまけをつけたり、値を引いたりする。
事に際して融通をきかす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

物事の扱いで相手に温情を示す。祝儀を出す、値を引く、景品を付けるなどにいう。
※東寺百合文書‐り・大永七年(1527)六月二七日・三条西公条書状「両方色をつけ、又堪忍の心中無之候者、難成立候」
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉むほん「どのみち何とか色は付けてくれるんだらうから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色を付けるの関連情報