コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣く/鳴く/啼く ナク

デジタル大辞泉の解説

な・く【泣く/鳴く/×啼く】

[動カ五(四)]
(泣く)
㋐悲しみ・苦しみ・喜びや痛さなどをおさえることができず、声をあげたり、涙を出したりする。「うれし泣きに―・く」「大声をあげて―・く」「話に感動して―・く」
㋑身にしみて、つらい思いをする。苦労を経験する。「悲運に―・く」「悪天候に―・く」
㋒無理や損を知りつつ承知する。権利をあきらめたり、しかたなく身をひいたりする。「ここは一つ君に―・いてもらおう」
㋓実際の内容と隔たりが大きく、それと名乗るのがはばかられる思いがする。「看板が―・く」「名門校の名が―・く」
㋔染色や加工のとき染料が隣の色や白地の部分に浸出する。
(鳴く・啼く)鳥・虫・獣などが声を出す。「虫が―・く」「蛙がやかましく―・く」「雉(きじ)も―・かずば撃たれまい」
(鳴く)マージャンで、他の人の捨てた牌(パイ)を碰(ポン)槓(カン)する。または、左隣の人の捨てた牌を吃(チー)する。
[可能]なける

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なく【泣く】

( 動五[四] )
〔「音」の母音交替形「な」の動詞化〕
人が、悲しみ・苦しみなどのために声を出し、涙を流す。また、喜びなどで涙を流す場合にもいう。 「人前で大声で-・く」 「赤ん坊が-・く」 「音のみ-・きつつ恋ふれども/万葉集 481
ひどい目にあって、嘆き悲しむ。 「不運に-・く」 「重税に-・く」
無理な要求を受け入れる。 「しかたない、もう百円-・きましょう」
そのものにあたいしない。 「看板が-・く」
[可能] なける
[表記] なく(泣・鳴)
「泣く」は“泣き声を出す。涙を流す。つらく感じる”の意。声を出して泣き叫ぶ場合は「哭く」とも書く。「赤ん坊が泣く」「重なる不運に泣く」「今泣いた烏からすがもう笑う」  「鳴く」は“鳥・獣・虫などが声を出す”の意。鳥が鳴く場合は「啼く」とも書く。「小鳥が鳴く」「虫が鳴く」「鳴かず飛ばず」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone