泣く(読み)ナク

  • な・く
  • 泣く/鳴く/×啼く

デジタル大辞泉の解説

[動カ五(四)]
(泣く)
㋐悲しみ・苦しみ・喜びや痛さなどをおさえることができず、声をあげたり、涙を出したりする。「うれし泣きに―・く」「大声をあげて―・く」「話に感動して―・く」
㋑身にしみて、つらい思いをする。苦労を経験する。「悲運に―・く」「悪天候に―・く」
㋒無理や損を知りつつ承知する。権利をあきらめたり、しかたなく身をひいたりする。「ここは一つ君に―・いてもらおう」
㋓実際の内容と隔たりが大きく、それと名乗るのがはばかられる思いがする。「看板が―・く」「名門校の名が―・く」
㋔染色や加工のとき染料が隣の色や白地の部分に浸出する。
(鳴く・啼く)鳥・虫・獣などが声を出す。「虫が―・く」「蛙がやかましく―・く」「雉(きじ)も―・かずば撃たれまい」
(鳴く)物がきしんで音を立てる。「急カーブでタイヤが―・く」「砂が―・く浜」
(鳴く)マージャンで、他の人の捨てた牌(パイ)を碰(ポン)槓(カン)する。または、左隣の人の捨てた吃(チー)する。
[可能]なける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泣くの関連情報