コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艶二郎 えんじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

艶二郎
えんじろう

山東京伝作の洒落本江戸生艶気樺焼 (えどうまれうわきのかばやき) 』の主人公。その性格からうぬぼれの強い男をいうようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

艶二郎 えんじろう

山東京伝の黄表紙「江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)」の主人公。
富商の仇気(あだき)屋のひとり息子。うぬぼれがつよく,色男を気どって浮き名をたてようとするが失敗。ついで遊女浮名とにせ心中をはかるが,強盗(じつは父親と番頭)におそわれる。改心して,浮名と夫婦になる。艶二郎はうぬぼれのつよい男の代名詞となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんじろう【艶二郎】

山東京伝作の黄表紙《江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)》の主人公。1785年(天明5)刊。百万両分限(大金持)といわれた〈仇気屋〉の一人息子で19歳か20歳。色男気どりで,金にあかせて艶名を広めようとする。友人に北里喜之介(きたりきのすけ)とたいこ医者わる井思庵の2人があり,彼らのいうままに〈めりやす〉を習い,刺青をし,娘のかけ込みを頼み,それを〈読売〉にしてばらまいたりする。しかしそれらのすべてに失敗し,最後に浮名屋の浮名という女郎とにせ心中を企てたが,強盗にあい,身ぐるみはがれて命も危うくなり,後悔する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんじろう【艶二郎】

○ 山東京伝作の「江戸生艶気樺焼えどうまれうわきのかばやき」の主人公の名。
の性格から〕 うぬぼれの強い男。自称好男子。 「 -は青楼(=遊女屋)の通句也…うぬぼれなる客を指てしか云ふ/洒落本・通言総籬」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の艶二郎の言及

【江戸生艶気樺焼】より

…1785年(天明5)刊。百万長者仇気屋(あだきや)のひとり息子艶二郎(えんじろう)は醜いくせにうぬぼれが強く,悪友たちにそそのかされ,色事の浮名を世に広めようと,金にまかせていろいろ試みるが,かえってばかの名が立つばかり。ついに吉原の遊女を身受けして情死のまねごとをしようとするが,盗賊に遭い,まる裸にされる。…

※「艶二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

艶二郎の関連キーワード乗りが来る心意気遊女屋通り句富商

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android