コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦ノ湯[温泉] あしのゆ

百科事典マイペディアの解説

芦ノ湯[温泉]【あしのゆ】

神奈川県足柄下郡箱根町の駒ヶ岳東麓にあり,箱根温泉群中最高点(860m)の地にわく。単純硫化水素泉,27〜77℃。付近に曾我兄弟の墓がある。13世紀には温泉があったことが知られ,七湯湯治場の一つであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしのゆ【芦ノ湯[温泉]】

神奈川県南西部,足柄下郡箱根町にある温泉。駒ヶ岳と二子山の間の高原(標高850m)に位置し,箱根七湯の一つに数えられる。硫黄泉,27~77℃。古くは箱根権現の社域内に含まれていた。江戸時代には多くの文人墨客が訪れ,1920年東海道本線小田原まで開通し,さらに25年箱根登山鉄道が通じてから発展した。南方に芦ノ湖があり,付近の精進池周辺には曾我兄弟の供養塔と称する五輪塔や多田満仲の墓と称する石塔を含む元箱根石仏群がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報