芳心(読み)ほうしん

精選版 日本国語大辞典「芳心」の解説

ほう‐しん ハウ‥【芳心】

〘名〙 (「ほうじん」とも)
① 親切を尽くすこと。親切な心。芳志芳情
※江吏部集(1010‐11頃)中・暮春勧学会聴講法華経探得大通知勝如来「雲無来跡唯聞楽、風有更供花」
※平家(13C前)一一「此程事にふれてなさけふかう芳心おはしつるこそありがたううれしけれ」
② 美人の心の形容にいう。
※五山堂話(1807‐16)二「芳心一点君知否、欲伴鴛鴦一夢中」 〔曾鞏‐虞美人草詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「芳心」の解説

ほう‐しん〔ハウ‐〕【芳心】

他人を敬って、その親切な心をいう語。芳志。芳情。「御芳心かたじけなく存じます」
他人に親切をつくすこと。
「重盛出仕の度毎に―せられける」〈古活字本平治・中〉
[類語]芳情芳志

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android