コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽接 めつぎbudding

翻訳|budding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芽接
めつぎ
budding

親木の枝条から芽の部分を削り取って台木の剥皮個所に添付して活着させる接木 (つぎき) 法。枝接に比べ穂を節約でき,同じ台木に接ぎ直しがきき,操作が簡単などの利点がある。盛夏から秋にかけ枝条が充実し,台木の剥皮がしやすい頃を適期とし,一年生枝条から芽をとる。普通の方法は葉柄を少し残し,芽接ナイフで芽の下方約 2cmのところから木質にわずかに含め,芽の上方約 1.5cmまで切込んで楯形に採取する。台木は平滑な木肌にT字形の切り傷をつけ,その交差部の下皮を左右に開いて楯芽を押込んでテープなどで縛る。接木ののち十数日して葉柄が容易に脱落すれば活着したわけである。桃,みかんなどに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の芽接の言及

【接木】より

…しかしながら,多数の例外があり,同科異属間の接木でもウンシュウミカンとカラタチ,ビワとマルメロ,セイヨウナシとマルメロのように親和性の高い組合せもある。
[接木の方法]
 接木の方法は〈枝接〉〈芽接〉〈寄せ接(呼び接)〉に大別される。(1)枝接 1ないし数個の芽をつけた枝を適当な長さに切って台木に接ぐ方法で,台木の削り方や台木と接穂の合せ方から〈切り接〉〈割り接〉〈合せ接〉などに分けられる。…

※「芽接」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

芽接の関連キーワード三浦 肆玖楼バラ(薔薇)三浦肆玖楼削ぎ芽接ぎオリーブパラミツフトモモ接ぎ木グアバ枝接ぎモモ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android