名字の地(読み)みょうじのち

百科事典マイペディアの解説

名字の地【みょうじのち】

名字発生の地。〈四(しせい)〉といわれる源氏平氏藤原氏橘氏のいわゆる〈源平藤橘(げんぺいとうきつ)〉などの姓をもつ氏族が,庶流(支族)を分出する過程でその本拠となる地名を名字とし,その氏族間を区別した。名字の地となるのは,先祖からの開発地の場合や,移住先の根本所領の場合などがある。たとえば相模国の三浦半島を領有した平姓(へいせい)三浦氏一族の場合,惣領(そうりょう)は三浦氏を称し,その支族は本拠地の津久井(つくい)・芦名(あしな)・長井(いずれも現神奈川県横須賀市),和田(現同県三浦市)などの地名をとり,津久井氏・蘆名(あしな)氏・長井氏・和田氏などを名乗った。→苗字
→関連項目井伊氏河野氏真田氏藤堂氏南部氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうじのち【名字の地】

名字発生の地。名字は苗字とも記し,氏族が繁衍(はんえん)分出してそれぞれ居所や領地を異にしていく過程で,おもにその地名を付けて同じ氏族間の区別をした,その本になった地を名字の地とよぶ。したがってその一族にとって,名字の地は先祖相伝の開発所領であり,根本所領であった。平安時代,地方武士の勢力の発展に伴い,源平藤橘などの姓を有する各氏族が所領を開発,さらに氏族間で分有相伝してその地名を名字として称することが一般となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android