コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名字の地 みょうじのち

2件 の用語解説(名字の地の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

名字の地【みょうじのち】

名字発生の地。〈四姓(しせい)〉といわれる源氏平氏藤原氏橘氏のいわゆる〈源平藤橘(げんぺいとうきつ)〉などの姓をもつ氏族が,庶流(支族)を分出する過程でその本拠となる地名を名字とし,その氏族間を区別した。
→関連項目井伊氏河野氏真田氏藤堂氏南部氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みょうじのち【名字の地】

名字発生の地。名字は苗字とも記し,氏族が繁衍(はんえん)分出してそれぞれ居所や領地を異にしていく過程で,おもにその地名を付けて同じ氏族間の区別をした,その本になった地を名字の地とよぶ。したがってその一族にとって,名字の地は先祖相伝の開発所領であり,根本所領であった。平安時代,地方武士の勢力の発展に伴い,源平藤橘などの姓を有する各氏族が所領を開発,さらに氏族間で分有相伝してその地名を名字として称することが一般となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名字の地の関連キーワード女真文字片名字姓名地名字音転用例同氏名字朝臣名字御免名字帯刀名字拝領名字

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone