コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名字の地 みょうじのち

百科事典マイペディアの解説

名字の地【みょうじのち】

名字発生の地。〈四姓(しせい)〉といわれる源氏平氏藤原氏橘氏のいわゆる〈源平藤橘(げんぺいとうきつ)〉などの姓をもつ氏族が,庶流(支族)を分出する過程でその本拠となる地名名字とし,その氏族間を区別した。
→関連項目井伊氏河野氏真田氏藤堂氏南部氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうじのち【名字の地】

名字発生の地。名字は苗字とも記し,氏族が繁衍(はんえん)分出してそれぞれ居所や領地を異にしていく過程で,おもにその地名を付けて同じ氏族間の区別をした,その本になった地を名字の地とよぶ。したがってその一族にとって,名字の地は先祖相伝の開発所領であり,根本所領であった。平安時代,地方武士の勢力の発展に伴い,源平藤橘などの姓を有する各氏族が所領を開発,さらに氏族間で分有相伝してその地名を名字として称することが一般となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

名字の地の関連キーワード菊川(市)寒河江氏江戸重長名和長年大曾禰氏大宝寺氏多気義幹稲毛重成小野寺氏畠山重能開発領主畠山重忠岩松経家九鬼氏大村氏塩冶氏中条氏土肥氏山科家山名氏