コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若い芸術家の肖像 わかいげいじゅつかのしょうぞう A Portrait of the Artist as a Young Man

2件 の用語解説(若い芸術家の肖像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若い芸術家の肖像
わかいげいじゅつかのしょうぞう
A Portrait of the Artist as a Young Man

アイルランドの小説家 J.ジョイスの小説。 1916年刊。主人公スティーブン・ディーダラスの幼年時代から,カトリック信仰を捨て,芸術家となる決心を固めてダブリンを去るまでの,青春期を物語る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若い芸術家の肖像
わかいげいじゅつかのしょうぞう
A Portrait of the Artist as a Young Man

イギリスの小説家ジェームズジョイスの処女長編小説。1916年刊。主人公スティーブン・ディーダラスのカトリック教会との決別と、芸術家としての天職発見とを主題とする自伝的なもの。これより前にも自伝的小説の試みがあり、一時着手して破棄した。その残りを編集したのが『スティーブン・ヒーロー』(1944)として出版されている。幼年時代の不分明な意識をおとぎ話の文体と童謡で始め、しだいに意識が成長してゆく過程を文体の変化としてとらえている。いわば、内面化された文体を創始したことで大きな意味をもっている。最後の芸術の神への語りかけは、アイルランドの民族(レース)をそのまま人類(レース)に直結させようとする、果敢な彼自身の思いを歌い上げており、『ユリシーズ』への若々しい序章として読むこともできる。[出淵 博]
『海老池俊治訳『若き芸術家の肖像』(『世界文学大系57』所収・1960・筑摩書房) ▽丸谷才一訳『若い芸術家の肖像』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若い芸術家の肖像の関連キーワードジョイスゴンクールラクスネスアロースミスの生涯修理屋ナサリン模範小説集アイルランドの子守唄マチューリンダブリン市民

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若い芸術家の肖像の関連情報