コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

范増 はんぞうFan Zeng; Fan Tsêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

范増
はんぞう
Fan Zeng; Fan Tsêng

[生]?
[没]高祖3(前204).4.
中国,戦国時代の西 (→) の将軍。居巣 (安徽省巣県北東) の人。計略をよくした。項梁が挙兵すると,70歳でこれに従い,楚の懐王の孫を立てて王とし,諸将を糾合することを献策した。項羽も彼の計略を重んじ,亜父 (あほ) と呼んで尊んだ。鴻門の会のおりに劉邦 (→高祖) 謀殺をはかったり,また劉邦を漢中に封じ込めて漢王としたのも彼であった。樊かい (はんかい) の働きで危うく虎口を脱した劉邦が,高祖3 (前 204) 年食糧に窮したところを包囲したが,劉邦の離間策のため,かえって范増は項羽に疑われ,怒って故郷に帰る途中病没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐ぞう【范増】

[?~前204]中国、末の知将項羽に仕え、奇計をもって戦功を立て、亜父と称された。鴻門の会劉邦を刺そうとして果たさず、のちに項羽と不和になり辞した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんぞう【范増】

?~前204) 中国、秦末の人。楚の項羽に従い、奇計をもって戦功を立てた。鴻門の会に劉邦を殺そうと謀ったが果たさず、のち項羽のもとを去った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

范増の関連キーワード陳平鴻門

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android