コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻門の会 こうもんのかい Hong-men; Hung-men

5件 の用語解説(鴻門の会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鴻門の会
こうもんのかい
Hong-men; Hung-men

中国の秦,漢交代期に覇権を争った項羽と劉邦 (→高祖) が鴻門に会して盟約したことをさす。秦末の反乱のとき,先に秦の本拠地の関中 (陝西省) に入った者が王となる約束であったが,劉邦が先に占領したので不満をもった項羽が函谷関 (かんこくかん) から入って劉邦を撃破しようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうもん‐の‐かい〔‐クワイ〕【×鴻門の会】

中国、末の前206年、劉邦(りゅうほう)項羽(こうう)とが鴻門で行った会見。項羽の臣の范増(はんぞう)が劉邦を殺害しようとしたが、劉邦は張良樊噲(はんかい)らの計で逃れた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうもんのかい【鴻門の会】

中国,劉邦(漢の高祖)と項羽との鴻門(陝西省臨潼県)における会見(前206)をいう。両雄は秦の本拠である関中をめざしたが,劉邦の方が武関から先に入関した。一方,項羽は秦将章邯の率いる精兵の征討に手間取りおくれを取る。項羽は劉邦に野望ありとして新豊の鴻門坂に布陣し,襲撃しようとした。ために劉邦はみずから項羽の陣中に出向き釈明したが,張良の奇略により虎口を脱しことなきをえた。《史記》には,陣中での席次,范増示玦,項荘剣舞,樊噲(はんかい)怒髪などその会見の様子がリアルに描写されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうもんのかい【鴻門の会】

紀元前206年、劉邦と項羽が鴻門で会見したこと。項羽の臣が剣舞にことよせて劉邦を殺そうとしたが、項伯がともに舞ってこれを制し、樊噲はんかいが怒髪して項羽に対している間に劉邦は張良の計に従って逃れ去った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴻門の会
こうもんのかい

農夫から身をおこして中国の前漢王朝を創設した劉邦(りゅうほう)が、その遂行過程で危うく難を逃れた事件。秦(しん)朝末期の紀元前207年10月、南から秦の都咸陽(かんよう)に迫る劉邦は、東から進撃してくる項羽(こうう)より約1か月早く都を占領、秦王を虜(とりこ)にし、項羽の到着を待っていた。2人の間には、秦帝国の心臓部である関中に先に入ったほうがこの地の王となるとの約があった。しかし、項羽は討秦軍全体の最高指揮官、劉邦はその一部将、そして率いる軍勢は40万対10万と、劉邦が劣勢であった。項羽には盟約を果たす意志はなく、彼の謀臣范増(はんぞう)は劉邦の恐るべき人物たるを見抜き、劉邦謀殺を進言、項羽の本陣である鴻門(陝西(せんせい)省臨潼(りんどう)県の東)で酒宴を催し、これを機に殺そうとした。范増は、酒席についた劉邦をいまこそ刺すべしとしきりに促すが、項羽はなぜか応じない。范増はなおも項羽の従弟項荘に剣の舞をさせその最中に刺させようとするが、一族でありながら劉邦に脈を通じる項伯が剣を抜いて舞いに加わり劉邦をかばう。そこへ劉邦の腹臣の猛者(もさ)(はんかい)が主君の危急を聞いて駆けつける。髪は逆立ち目は張り裂けんばかりの闖入(ちんにゅう)者に項羽は驚き剣を抜くが、劉邦の近臣張良がとりなす。樊は立ったまま項羽からの大杯を受け、手にする盾の上に肉をのせて食い、懸命に劉邦の異心なきを述べる。その間に劉邦は厠(かわや)に行くと称して席をたち、そのまま自陣に疾駆してようやく虎口(ここう)を脱した。[春日井明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鴻門の会の言及

【樊噲】より

…早くから劉邦(高祖)に従い,挙兵のときには舎人となって従軍し,数々の軍功をたてた。なかでも項羽の主宰した鴻門の会において,宴席に闖入して劉邦の危機を救った話は有名である。漢の天下統一後は左丞相,相国を歴任し,臧荼(ぞうと),韓信,盧綰(ろわん)らの謀反を平定して舞陽侯に封ぜられた。…

※「鴻門の会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鴻門の会の関連キーワード垓下蕭何陳平范増劉邦紀信鴻門樊噲項羽と劉邦《項羽と劉邦》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone