茵蔯蒿湯(読み)いんちんこうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

いんちんこうとう【茵蔯蒿湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)茵蔯蒿(いんちんこう)山梔子(さんしし)大黄(だいおう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。黄疸(おうだん)じんましん口内炎肝硬変ネフローゼ症候群などに用い、口の渇き、体のかゆみ、便秘がち、尿量減少といった症状をともなっているとき、とくに有効とされる。比較的体力のある人がおもな対象。胃腸の弱い人、下痢をしている人は悪化の可能性があるので注意が必要。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android