コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一期一会 イチゴイチエ

デジタル大辞泉の解説

いちご‐いちえ〔‐イチヱ〕【一期一会】

《「山上宗二記」の中の「一期に一度の会」から》茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちごいちえ【一期一会】

〔茶会に臨む際には、その機会は一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くせ、の意〕 一生に一度だけ出る茶の湯の会。 〔千利休の弟子宗二の「山上宗二記」にある「一期に一度の会」とあることによる〕
一生に一度だけの機会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一期一会
いちごいちえ

茶道の精神性を説いた用語の一つ。今日の一会は生涯に二度とない会だと思い、主客ともに親切実意をもって交わることが肝要であるという心得を教えたもの。『山上宗二記(やまのうえそうじき)』に「路地ヘ入ルヨリ出ヅルマデ、一期ニ一度ノ会ノヤウニ、亭主ヲ敬(うやま)ヒ畏(かしこまる)ベシ」とあるのを初見とし、『南方録』の「一座一会」に継承される。さらに、井伊直弼(なおすけ)は『茶湯一会集』で「一期一会」の語を使って、その精神を強調した。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の一期一会の言及

【茶道】より

…それを茶道のもつ虚構性とか非日常性といった言葉で呼んでよいだろう。たとえば茶会を一期一会という言葉でとらえようとする考えがある。一期とは人間の一生のことで,茶会は一生に一度の出会いの場と考え,一つ一つの茶会をたいせつにしようとする思想が表現されている。…

※「一期一会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一期一会の関連キーワードハーレイ・ジョエル オスメントロバート ゼメキスサリー フィールド茶道(ちゃどう)シュガークラフトひこーき雲岡田トム ハンクスロビン ライト孤独なランナーおもな四字熟語アメリカ映画フィールド海老瀬はな戸川 エマ早瀬ひとみ沢田知可子茶湯一会集SF映画松下みさ戸川エマ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一期一会の関連情報