コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草炭 そうたん peat

翻訳|peat

3件 の用語解説(草炭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草炭
そうたん
peat

草木類から生成した泥炭。一般には泥炭と同義に使用される。植物質が石炭化作用の早期に水中に長時間浸されて生成したもの。黄褐色で原植物組織が肉眼で見分けられる。一般に炭化度が低く,発熱量が低いため,鉱業法上は亜炭として分類されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そう‐たん〔サウ‐〕【草炭】

草本類を主体とした泥炭。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうたん【草炭】

湿地・沼などに生育していた草本類が酸素の乏しい環境に堆積し、ある程度分解したもの。乾燥して燃料にした。 → 泥炭でいたん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の草炭の言及

【泥炭】より

…沼沢地や湖沼などの湿原植物の繁茂する湿地に集積した分解不完全な植物遺体の堆積物。ピートあるいは草炭などとよばれることもある。水で飽和されて酸素不足となった条件下では地中動物や微生物の活動が抑制されるため,植物遺体の分解が完全には進まず,まだ植物の組織が肉眼で識別できる程度に腐朽した黄褐色ないし暗褐色の植物遺体が集積する。…

※「草炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

草炭の関連キーワードオカバンゴ湿地後背湿地谷地湿地草原湿地・占地紫湿地湿地植物橅湿地本湿地世界湿地の日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草炭の関連情報